ホームバックナンバー2019年8.9月合併号 (2019年07月18日発売)社会

社会

ZOOM UP

逆パワハラに悩む団塊ジュニア

印刷する

モンスター化するゆとり世代

上司からのパワハラが問題となって久しいが、最近は部下からの「逆パワハラ」も問題となっている。パワハラへの社会の厳しい目もあって強く言えない上司が、部下から叱責されるというのだ。

40代の中間管理職は「最近、同級生とあっても部下の扱いの愚痴ばかり」と、モンスター化しかねない部下の扱いに苦慮している管理職は少なくない。実際に逆パワハラが認定されたケースも判明した。

2014年に50代の静岡市職員の男性が自殺したのは、部下から度重なる叱責や罵倒を受けいたことなどが原因として、地方公務員災害補償金静岡支部が今年6月、自殺を公務災害に認定した

男性は8ヵ月にわたって、部下から業務の指示を巡り「いいかげんにしろ」「うそを言わないで下さい」「お願いしましたよね。学習して下さい」などと強い口調で言われ続けたと言う…

政経往来をご購入された方は、Web専用記事をご覧いただくことができます。